【番外編】東京モーターショー2019 タイヤ

スタッフiです。

東京モーターショーに行ってきましたので、面白い車に履かれていたタイヤ情報を載せてみます。

メルセデスベンツ 新型CLA

ハンコック VENTUS V12 EVO2 MO(メルセデスベンツ承認)

既にポルシェマカン、ダイハツムーヴなどに新車装着で採用されたことがあります。

今までCLAはダンロップのSP SPORT MAXX RTでしたが、ハンコックに切り替わるのでしょうか。アジアンタイヤの性能向上が伺えます。

マツダ MX-30

トーヨータイヤ プロクセス R51A

次期マツダ車も引き続きトーヨーがメインなのでしょうか。ただ、マツダは同じ車種でもブリヂストン、ヨコハマ、トーヨータイヤの新車装着事例があり、ごちゃまぜです。

ダイハツ SUVコンセプト

新車装着安定のダンロップ エナセーブ EC300+でした。

このダイハツコンセプトSUV、車名は決まってないようですが普通に車内に入り込めて市販が近そうでした。軽ではなく普通乗用車のためビーゴの後継といったところでしょうか?FFですが。

トヨタ グランエース

ブリヂストン DURAVIS R660A 235/60R17

通るついでに写真を撮った程度で申し訳ありませんが、恐らくLTタイヤです。調べたところロシアなどで既に出回っているようなのですが、国内でこのサイズは乗用タイヤのみかと思います。

私用で使われる方がいらっしゃれば、より良い乗り心地を求めて乗用タイヤに替えるのもありそうです。重そうなので、耐荷重がクリア出来るかどうかですが…。

ハイエースの一部ロールーフの215/60R17でクリア出来ました。

ホンダ e

ヨコハマ ブルーアース-GT AE51

意外にも市販タイヤでした。プリウスなどにも新車装着されています。発売も近いのでしょうか?

写真をあまり撮らなかったため一部ですが、載せてみました。タイヤを見るだけでも、仕事柄?楽しめました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Facebook like box